年度末最後の仕事&ゲーム感想(MH3G)

  • 2012/04/01(日) 00:12:56

年度最後の仕事が終わりました(たぶん)

21時にあがって勤怠表だして、同期の送別会で呑んでたら社用携帯がなって会社に逆戻り、そこからトラブル解決に朝6時まで働いてました。
年度最後でこれかよう!という実に見事なgdgdお仕事でしたとさ。

これで丸3年働いたのかぁ、と思うとちょいと感慨深いものがあるっす。


まあそれはそれとして最近やったゲームの感想とか。


>モンスターハンター3G (ゲーム:3DS)
 正月からはじめたゲームです。ゲームをやってる人には説明は不要かな?
 いわゆるモンハンです。

「ハンター」になってひたすらモンスターを狩っていくシンプルなゲームです。友人とワイワイやるのが最高に楽しい。

 実はこのシリーズをやるのは初めてでした。最初は双剣を使っていたのですが、諸所の事情で弓を使うことに。
 友人と狩りに行く際に、自分だけあんまり進んでいない弱いという状態で、

 すぐ死ぬ ⇒ 敵に近づかなきゃいいんじゃね? ⇒ なら弓だな

 という非常に安直な理由で弓使いとなりました。
 しかし、この弓という武器、操作自体はそんなに種類が多くはないのですが、
 地味〜に覚えることが多く、(スタミナ管理だとか、弓の種類と射程距離の関係だとか)
 慣れるまでは非常に苦労しました。
 しかもこのゲーム、遠距離武器を装備していると防御力が低めになってしまうために、結果的に死にやすくなってたと思います。
 最初のうちはザコに密着されて囲まれて、途方にくれてました。

 そんな僕も今ではいっぱしの(?)弓使いで、G級のHR5の状態です。
 愛用の弓はグルト・ポイゾンという毒攻撃が強化される弓です。状態異常はサポーターのロマン!



 さて、モンハンというゲームについての話。
 モンハンはほかのゲームと比べて非常にステップアップのしやすいアクションゲームだと思います。

 「こんなん無理じゃー!」という敵に対する感覚が、「なんか、いけるんじゃね?」という状態に変わるというか、
 変えるためのルートがほかのゲームよりも多い。

 普通のアクションゲームだと、強い敵に対してつまったときは自分で試行錯誤をしてみるか
 (正面からだと殴り負けるから閃光弾使うべか、みたいな)
 もしくは回数を重ねて慣れる必要があるのですが、これらはライト層にとっては結構つらい。
 勝てる見込みはないけど慣れる為に戦う、なんてのはもうこてこてのゲーマー思考で、
 勝てる見込みが立たないような状況には気がめいってしまう人のほうが多いと思います。
 (そういう面白さも、そういった苦境を楽しめるひとも、自分は素晴らしいと思いますが)

 けれどモンハンは友人とプレイすることでそういった苦境の敷居を落とすことができます。
 自分ひとりじゃ倒せない敵も、うまい先輩ハンターと一緒なら狩ることができる。
 攻略法を教わったり、先輩の影でコソコソ逃げながら戦って相手の動きを覚えたりして、一人でも戦えるようになる下地を作れます。
 (自分は後者のパターンが多かった気がしますw)
 いざとなれば一緒に戦って稼いだ戦利品で、ワンランク上の武器防具を作ってからごり押ししてもいい。(ぉ
 勝算もあるから気が滅入らないし、なにより友人とわいわいゲームをやっていて面白くないわけがない。


 言ってみればこれって、レベル上げが楽しくできるってことですからね。そりゃユーザー増えるわ。
 

 話は変わりますが、新宿に「カプコンバー」というバーがありまして。
 そこにモンハンの料理・酒を出している部屋もあるという話を聞きました。一度行ってみたいなあ。

シュタインズゲート読了

  • 2011/10/22(土) 23:49:02

「喘息」という診断を突然されてしまったTAKIです。
年齢が2ケタになってから全然発症しなかったから、この感覚は久しぶりだわ…。
成人性のは慢性化すると厄介らしいので、さっさと治してしまいたいところ。
ひとまずこの土日はおとなしくしてるわ…。



表題のとおり、シュタインズゲート全ENDようやく終わりました!
内容は前評判通りすんげえよかったわ!

グランドENDは前回の日記の予想内容ほぼそのまんまでビックリ。といっても時間跳躍ものの王道だけどね。
バックトゥザフューチャーとか見返したくなってきた。


【音楽の話】
このゲームは音楽が非常においら好みだったんだけど、Ever17とおんなじだったのね。メインテーマ(と思われる)「GATE OF STEINER」が映画っぽい音楽で好きだわー。

聞いてるだけで宇宙空間を漂流している気分になれる。
あと、なぜか夜の高速道路を走ってる車に乗せてもらって後部座席でウトウトしているような感覚が味わえます。なんでだろう。

【主人公の話】
オカリン最初はあんまりしっくりこなかったけど、やっぱこういう熱い諦めない主人公はいいわー。
オカリンの声優さんの演技は光ってた。特に悲嘆にくれるシーンや叫ぶシーン。
最初のSERNの襲撃でまゆりが死んだところとか、直後に被弾した(と思われる)紅莉栖の名前を叫んだり初タイムリープの「跳べよおおおおおおおお!」の一連の流れはスキップせずに毎回ちゃんと聞いてたわあ。


【ヒロインの話】
個人的には岡部にはまゆしい派です。

というか助手クリスティーナという図が一番しっくりくる感じがする。
なんかこの娘に恋愛フラグが妙に似合わないというか、
キャラ的にはそういうところが美味しいんだろうけど>クリスティーナ


【クリア後のお楽しみ】
wikiとか見て考察系をちょこちょこ見たりしてるけど、実はジョン・タイターの騒動とかって本当にあったのね。調べててびっくりした。




しかしプレイ時間40時間程度だったのに、7月に買ってからクリアまで3カ月か…。
改めてゲーム離れを実感。
といってもほとんどブレイブルーやってたせいな気がするけど。

シュタインズゲートプレイ日記

  • 2011/10/22(土) 23:47:44

【以下は、9/17に書いたシュタインズゲートプレイ日記&考察です】

6月に買ったシュタインズゲートですが、ようやく個別EDにたどりつきました。グランドエンドはまだです。

「不可逆のリブート」「因果律のメルト」までみました。
まゆりルートだと思っていたらなぜか紅莉栖エンドだったでござる。

こっから先は攻略サイトでも見ながらまずまゆりルート、そんでグランドエンドを見る予定。


2周目をはじめるにあたり、ここまでの内容を思い起こして疑問をいくつか考えていきたいと思います。
…というのも、水曜日に呑んでいるときにnarutoさんから執拗に「何か気になっている点ない?」と聞かれたので本気出して考えてみたYO!
こっから下は「因果律のメルト」までにたどった内容のネタばれを大量に含むので未プレイの方は注意



・プロローグでオカリンがラジ館屋上で見た物は何?
 たぶんタイムマシンだよなあ。
 でもこの世界線ってDメールを送る前だったんだからタイムマシンはできないんじゃないの?
 それともSERUNに見つからなかっただけで、独自にオカリン・ダルがタイムマシンを作ってきたのかな?確か助手も「悲しそうな顔してた」みたいなこと言ってたはずだし。未来から来たオカリンと会っている可能性はある?
 この手の話の場合、主人公がタイムマシンでOPに戻ってくるってのは十分ありそう。だとしたら来た理由は助手を助けるためと考えるのが妥当かな?「因果律のメルト」もしくは他のEDを通ったオカリン…かな?他のED見てないんでよくわからんw

 問題は、オカリンの見た目が変わる前にタイムマシンの開発が終了するかどうかだが。


・ドクター中鉢について
 ジョン・ダイターと同じ理論で発表してた(する予定だった)気がしたんだけど、どうして? 
仮にパクリだとして、オカリンが記憶してる2000年版ダイターは中鉢が発表を行えた世界線では存在してたの? そんで最初のDメールとともにその存在が無くなった、ってことでいいのかな。
 だとするなら、2000年版ダイターは、誰? 鈴羽だとしたらその意味は?鈴羽じゃないとしたら、オカリンなんだろうけどなんか意味あるのかな。
 あるとしたら、誰かに(もしくは自分に)タイムマシンを作らせるためとか?

 もしかしたら@ちゃんねる掲示板って、Dメールで書き込めるんじゃないかとも思ったけど、返信(アンカー)返せないからこれは違うかな…。


・Dメールとタイムリープ、因果律と世界線
 何度タイムリープをして手を尽くしても、まゆりは救えなかった。萌香、Mrブラウンも然り。
 でも、Dメールでフェイリスは父親を救えた。この差は何?
 それどころかDメールはルカ子の性別すら塗り替えた。いくらなんでも不自然じゃね?
 平たく言うと、タイムリープでは結果は収束していくのに、Dメールはバタフライ効果起きまくりなのが納得いかない。あ、金は手に入らなかったか。

 …とここまで書いてちょっと気付いた。フェイリスの父親あてに送ったのってもしかして2000年で、ルカ子の母親あては1991だったりする?計算あいそうだけど。
 だとすると大きく世界線を捻じ曲げられたのはこの年だったからってことかな?わからん。

 なんだろう、騙されてる気がする。出来すぎてる気がする。

・未来ガジェット研究所
 タイムマシンができる環境が整っているどころか、SERUNからの直通回線まであるこの立地。この直通回線が全ての世界線で存在しているのか、最初のDメールを送った段階から存在するのかは難しいところ。


・リーディングシュタイナー
 結局なんでオカリンにこんな能力があるのかは明かされなかった。
 他の人の主観でどうなるのかは全然わからない。
 フェイリスやルカ子の例を見るに、完全に固有の特殊能力ではないっぽいけど、異常に明瞭にわかるのはなんでだ。
 
 そういえばオカリンが10歳ごろに高熱で1カ月ぐらい(?)倒れてたって話があったけど、これは2000年ごろに当たるはずなんだよね? 2000年問題、2000年版ダイター、このとき世界線に何があった?

 結局オカリンはなんなの神なの? 


・どうすればみんな助かる?
 シュタインズゲートの最後はオカリンが黒幕でオカリンを騙しきってオカリンの一連の行動を全て必然の輪にする感じで終わるんじゃないかと想像。
 って言ってて意味がわからんくなってきた。

 要するに、オカリンはDメール・タイムマシンを開発してテロリストになってダイバージェンスメーターを作って過去の自分にいろいろ解決させて別の世界線を作り上げたうえで、そっちの世界線の自分にタイムマシンを作らせて紅莉栖も救わせるー、みたいなことができれば、あとは変わった3つ目の世界線から過去のSERUNに対して働きかけて未来ガジェット研究所に直通回線作らせて2010年時期のメールをちぇっくしろー、とでも言っておけば上手くループするんじゃないか。

 まあこれだと、鶏が先か卵が先かって問題が来るけど。



まあそんなわけで、まずはまゆりED目指してみよう

12Rivenやってみた

  • 2011/05/08(日) 23:55:46

10連休でした。

前半は体調を整えるために一日十何時間か寝てすごして、後半はいろいろな人と遊んだー。

地味に自サイトでブログ公開始めたり、

まあそんな中、そのうちやろうと思って買わないでいた「12RIVEN」を買ってはじめてみました。(PSP版)
ジャンルはテキスト系アドベンチャーでInfinityシリーズの続編です。このシリーズは過去にEver17、Remember11とやっているのですが(あとNever7を途中のまま放置)、大学時代に大ハマリしてました。

Ever17は神ゲー。
深海のテーマパークで大規模な事故が発生、取り残された6人の男女は脱出を図るが…。というお話。
ループものとか大がかりな叙述トリックとか好きな人とか、すっきり大団円な物語が好きな人は絶対やっとけ。

Remember11は罪つくりゲー。
極寒の雪山の山小屋と、殺人者が潜んでいる施設、別々の2か所で起こっている事件に巻き込まれている二人の主人公は、"人格交換"という不思議な現象を体験する…。というお話。
ループものとか叙述トリックとかミステリーが本当に好きな人はやっとけ。モヤモヤしたものがずっと残っても一切責任とらないけど。


さて。12Rivenはというと、
皆既日食の日に一人の少女が命を落とす…というメッセージが少年の元に届いた。少女を助けようとした少年はなぜか「時の止まった世界」に迷い込んでしまう…、というお話でした。

とりあえず一つエンディングを見ました。
錬丸ルートのEDのひとつ、いわゆるバッドエンディングでした。
感想としては、主人公の錬丸マジ情けねえ。

途中まではけっこうカッコよく主人公やってたのに、ヒロインがさらわれそうなところで唐突に諦めて終了とかマジないわ。
なんでそこで諦めるんだよもっと熱くなれよと修造になって怒りたい感じの終わり方。いや、選択肢が悪かったせいかもしれないけど、絶対そうだ、そう思いたい。じゃないともっかいやりたくないorz
Ever17の武の爪の垢でも煎じて飲め、マジで。

前作までの主人公たち(Ever17の武・少年、Remember11のこころ・悟)が全員バッドエンドでも死ぬ直前でも頑張るような人たちだったから余計…ね。
次はもうちょいカッコいい錬丸君が見れる話だといいな…。

他にも結構ストーリー内にもツッコミどころ満載で、緊迫感に欠ける感じだったなぁ。緊迫感に関しては本当にもうちょい頑張ってほしかった。Remember11ほどとは言わないけど、アレはガチ怖かったし。

次はもう一人の主人公である鳴海ルートをやってみようと思います。
こっちはどんなんなんだろ。

PSP版シュタインズゲートが出る前に終わるかな。

HOME |