ミステリー系のゲーム好きなんスよ・・・

  • 2012/03/04(日) 23:12:58

1月2月と日記をすっとばしてあっという間に3月です!
もっとも2月中旬までは仕事が大忙しで、書けることがなかったんですが・・・。

2月の給料、手取りが普段より4割増しですた。

新年に入ってからはゲームはモンスターハンター3Gをやっています。正月に買って、久々に60時間以上プレイしたゲームとなりました。(まともにプレイしだしたのは1月末だけど)初めての「モンハン」だったのですが、評判どおり面白いですね!進行度や感想はのちほどに。


そんなわけで、久々に最近読んだ本の紹介・感想です。

>『ゲームシナリオのためのミステリ事典 知っておきたいトリック・セオリー・お約束110』(書籍)

 久々に読んだ、ゲーム製作(?)関係の本です。いや、ゲーム製作関係ないかもしれない。(ぉ あと僕は別にシナリオライターになるつもりとかは特にないです。念のため。

 内容としては、ミステリ小説のジャンルについてや、小説・映画・ドラマでよく使用される言葉や事象・状況・トリックや人物像なんかをカテゴライズして、各言葉を2ページずつで解説しています。解説には古い小説から最近の漫画までけっこういろいろと引用されています。

詳細なカテゴリは以下のとおり、
第1章は「ジャンル」(『本格ミステリ』『サイコミステリ』etc)、
第2章は「シチュエーション」(『クローズド・サークル』『連続殺人』etc)、
第3章は「トリック」(『密室殺人』『心理トリック』etc)、
第4章は「キャラクター」(『名探偵』『容疑者』etc)
第5章は「ガジェット」(『ダイイングメッセージ』『凶器』etc)
第6章は「セオリー」(『ノックスの十戒』『読者への挑戦』etc)

 解説がそこまで深く掘り下げていったものではなく、これを読めばミステリシナリオを書くに当たって十分、というものではないと思います。
一通り網羅するには便利、程度なものなので(おかげでヤル気がなくても読みやすかったです)作るジャンルが決まったらそちらについては自分で深く調べる必要があると思います。また、逆に「作ろうと思うんならこんぐらいしっとけ!」という最低限の情報は乗っているとも思いました。(微妙なオススメの仕方・・・)

 個人的に役に立つな、と思ったのは2章、5章かな。ある状況(事件下)で各職業の人がどんな動き・役割をしているのかを現実に照らし合わせて解説しています。漫画だけで知った知識でお話を作ってしまうと思わぬところで赤っ恥をかくかもしれませんが、これできっと防ぐことができますw

 赤っ恥はともかく、こういった包括的な知識はゲームを作る際には必要なものだと思います。


たとえば「逆転裁判」シリーズにはゲーム冒頭で「この世界での裁判制度はこんな理由でこういう風になったんだぜ〜」と解説しているところがあります。これはゲームのルールと世界観を一致させるためにも必要な解説だったと思うのですが、そういうのを書くときに現実の制度を知っておかないと説得力のある背景が書けないと思うのですよ。

 殺人事件だとか裁判だとか警察だとか「特定のシチュエーション」をピックアップしてゲーム化するときって、現実より簡略化しないといけなかったり、本当はちょっとおかしいんだけどゲーム的にはこうした方が面白いからって理由で現実とは違ったものを作らなければいけない場合があると思います。そのときに説得力を持つ理由を考えたい!そういうときに役立つんじゃないかなと思います。

 余談ですがこの本、内容の割りにはちょっと高めです。(1890円) 
 いや、すごいたくさん資料必要だったんだろうからしょうがないんだるけどさ。しかもミステリー系じゃなくて「SF用語事典」とか「ファンタジー事典」とかも出てます。さすがに全部買う気は起きないが目は通したいなあ。
 


 ミステリー系・推理系のゲームとかって一度は作ってみたいなあ・・・。

あけました!

  • 2012/01/03(火) 02:15:15

2012年も明けました。
あけましておめでとうございます。
今年も頑張ってまいりたいと思います。

今年の抱負は
「自分に素直に生きる」
で行こうと思います。

例年とそんなに変わっていないだろうというツッコミがある人もいるかもしれませんが、これでいきます。(ぉ


遅くなりましたが冬コミでスペースに来てくださった方はありがとうございました。
今回も新刊はなくゲームの更新のみとなってしまったため、来てくださった方に「すいません・・・、新刊はないんです・・・。」と言いまくっていて申し訳なかったです。
夏こそ4コマ本出すよう><

冬コミで配布したゲーム最新版はさきほどからネット上でも公開を始めました。興味のある方はやってみてくだされ〜。

http://gurutaki.nikeya.com/gameintro.htm


そんなわけで今年もよろしくお願いいたしまする―。

コミケ2日目参加します

  • 2011/12/29(木) 17:09:58

もうすでにコミケ1日目が始まっていますが、
明日、30日(金)にコミケサークル参加いたします。

東Y-06a
Studio little phantasm

今回は本の新刊はナシングで、ゲームのバージョンアップのみになります。
上手く行ったらノートPC持って行っての体験版展示もしてると思います。


ss1

ss2

※画面は開発中のものです

誕生日でした

  • 2011/12/11(日) 12:12:33

昨日は誕生日でした。
もう27ですよ。

実家で御馳走食べて、ちょっとだけ月食みて、
あと自分への誕生日プレゼントということで、眼鏡を新調しました。
…まあ届くのは1週間後ですが。

前に作ったのが5年前だったということに驚き、道理でボロボロになったわけだ(ぉ 頭突き喰らってフレームゆがんだり、寝てる間に下に敷いててフレームゆがんだり、いろいろあったなあ(ぉ


そういえば、27歳の間に人間は生誕10000日を突破するそうですね。
2012年4月26日で僕は生誕10000日に達するようです。
なんだかんだで長生きしているような気がしてきました。


まあそんなわけで、27歳の1年も元気に生きていきたいと思います。



あ、そういえば冬コミは2日目にグルグルで出ます。
あとでちゃんともう一度告知いたしまする〜。

シュタインズゲート読了

  • 2011/10/22(土) 23:49:02

「喘息」という診断を突然されてしまったTAKIです。
年齢が2ケタになってから全然発症しなかったから、この感覚は久しぶりだわ…。
成人性のは慢性化すると厄介らしいので、さっさと治してしまいたいところ。
ひとまずこの土日はおとなしくしてるわ…。



表題のとおり、シュタインズゲート全ENDようやく終わりました!
内容は前評判通りすんげえよかったわ!

グランドENDは前回の日記の予想内容ほぼそのまんまでビックリ。といっても時間跳躍ものの王道だけどね。
バックトゥザフューチャーとか見返したくなってきた。


【音楽の話】
このゲームは音楽が非常においら好みだったんだけど、Ever17とおんなじだったのね。メインテーマ(と思われる)「GATE OF STEINER」が映画っぽい音楽で好きだわー。

聞いてるだけで宇宙空間を漂流している気分になれる。
あと、なぜか夜の高速道路を走ってる車に乗せてもらって後部座席でウトウトしているような感覚が味わえます。なんでだろう。

【主人公の話】
オカリン最初はあんまりしっくりこなかったけど、やっぱこういう熱い諦めない主人公はいいわー。
オカリンの声優さんの演技は光ってた。特に悲嘆にくれるシーンや叫ぶシーン。
最初のSERNの襲撃でまゆりが死んだところとか、直後に被弾した(と思われる)紅莉栖の名前を叫んだり初タイムリープの「跳べよおおおおおおおお!」の一連の流れはスキップせずに毎回ちゃんと聞いてたわあ。


【ヒロインの話】
個人的には岡部にはまゆしい派です。

というか助手クリスティーナという図が一番しっくりくる感じがする。
なんかこの娘に恋愛フラグが妙に似合わないというか、
キャラ的にはそういうところが美味しいんだろうけど>クリスティーナ


【クリア後のお楽しみ】
wikiとか見て考察系をちょこちょこ見たりしてるけど、実はジョン・タイターの騒動とかって本当にあったのね。調べててびっくりした。




しかしプレイ時間40時間程度だったのに、7月に買ってからクリアまで3カ月か…。
改めてゲーム離れを実感。
といってもほとんどブレイブルーやってたせいな気がするけど。

| HOME |